Pana-boya's Life

パナ坊やの「お金持ち気ままな生活」を綴る日記ブログです。過去の失敗談などまじえながら、今の気ままなお気楽生活を、お気に入りのお店とか、オススメの本とかこだわりのモノとともに、紹介していきたいと思ってます。

こんばんは

ども、お久しぶり。パナ坊やです。

相変わらず低迷した生活をしております。
あの、一時期の、
夢のような生活は一体なんだったんだろう。。

今考えると、まさに夢のまた夢って感じです。

ただまあ、いつまでも夢やら思い出やらに浸っているわけには
いきませんので、

ここらで一丁、ぶちかましたろかい

的なネタ探しに奔走の毎日です。
ごあいさつ | comments (0) | -

コメントについて

こんにちは。パナ坊やです。

私のブログ記事へのコメント。今まで黙認して来ました。
でも、明らかに業者さんと思われる方々が、外部URLへの
リンクばかりを貼り付ける行為が多発しています。
消しても消してもすぐに貼付けられる。
もしかするとソフトかなにかで自動書き込みしてるのかな。

おそらく私のブログ記事にまともなコメントがつくことは
ない、付いたとしてもそんなに緊急性のあるコメントは
考えにくいということで、全て承認制にしました。

その上で、業者さんに一言。
・闇雲な貼り付けは承認しません。
・まともな日本語コメント入りで、3つくらいのURLリンク
 がついている程度なら容認の方向で考えます。
・同一業者さんの複数コメントは承認しません。
・公序良俗に反するURLリンクはご遠慮ください。

なおトラバについては、現在認めていませんが、
いずれ希望者が多ければ承認制で受け付けようかとも
考えています。
緊急のお知らせ | comments (0) | -

激動の半年間(笑)

お久しぶり、パナ坊やです。
最終2006年12月以来、ブログの更新がストップしていました。
殆ど読者もいないことだし、特に問題はないと甘く考えて
いましたが、コトはそんなに甘くありませんでした。
副業のお客さまなども見ておられたようで、最近
「あれはどうなってるんだ」
とお叱りを受けることが多くなって来ました。

でもお客さまに、このブログのことを教えたはずはない。。。
「あれ、、、とは何ですか?」
と聞きますと、ホームページだかブログだか分からないけれども
とにかくインターネットで読める記事だと云います。
詳しく聞いてみると、発端はミクシでした。

そう、このブログはミクシの外部日記に設定しているので、
ミクシからアクセスできるのです。

でも、、、友だちまでしか公開していないはずなんですが。。。

いずれにせよ、お客さまがどうやって、
このブログと私を繋げたのかは分かりませんが、
何にしても見てくださると云うのは嬉しいことです。

ところで話は変わりますが。。。
ブログの更新がストップしたことにも関係ありますが
この半年間はまさに「激動の半年間」でした。

何が激動かと申しますと、
副業が上手くいくようになって
「お金持ち気ままな」生活を
のほほんと送っていたのが半年前。

それがこの半年で激的に変化しました。
今は「気ままな」生活ではあるけれども
「お金持ち気ままな」生活からは少し外れています。

もちろんこのまま引き下がる訳には参りませんので
今は再び浮上すべく準備を進めている段階です。
既にプランは出来上がってますのでね。

「お金持ち気ままな」生活を送っている間にも
環境はどんどん変化しますから、いつでもセンサと
アンテナは張り巡らせていました。つまり、
ただのほほんとした生活を送っていた訳ではないのですが、
予想以上に早く、激変が襲って来ました。
先見が甘かったことは否めません。素直に反省して
次への教訓といたしましょう。
ごあいさつ | - | -

減量の話〜ダイエット5

こんにちは。パナ坊やです。

絶食や断食は避けたい。
けれども、実のところそれ以外の方法を思いつけず
苦悩する日々が続きました。
苦悩すればするほど、お腹が減りました。
我慢・抑制は利かなくなっていて
明日から、あるいは
減量方法が確定してから、、、など
何かと理由をつけては、スナック菓子とかパンとか
いろんなものを結局、間食として摂取し続けていました。

そして、、、忘れもしないあの日。

実は減量成功のタネは
私も誰も予想だにしなかったところから、芽吹きました。

「お金持ち気ままな」生活を送りながらも
持ち前の好奇心で(危機管理ではない点が問題!!)
いろんな方面にアンテナを広げていた私は、
「週末社長」というWebページに出くわしました。

ぶっちゃけ、ハーバライフのディストリビュータが開設してる
Webページで、言わばダウン獲得の出先機関みたいなものです。

ああ、こんなのに引っ掛かってた時期もあったなあ。。。
くらいの感覚で見てたんですが、あまりに活気があるので
何か得るところがあるかも、、、と思い、無料のセミナーに
参加してみることにしました。

そしてその結果、、、
(さらにつづく)
痩せたい人はこちらへ | comments (0) | -

減量の話〜ダイエット4

こんばんは。パナ坊やです。

レッドゾーンに脚を踏み入れてしまったことに
気づいた私は、それでも何をどうしたら良いものか
思いあぐねていました。

これまで試していた「やせ薬」は
確かに胡散臭いものも多かったけれども、
世間一般に認知度が高く、確実な成果を上げていると
されている「ダイエット食品」も多く含まれて
いたからです。
事ここに万事休す。。。といった風情で、
あとは絶食か断食か
、、、というところまで追い込まれました。

実を云うと、絶食や断食は、
学生時代に一度経験したことがありました。
正しくコントロールすれば、決して危険なことはない。
無理さえしなければ、却って体にいい手法だということは
身を以て体験済みだったのです。

ただ、だらだら生活が染み付いてしまった身としては
無理せず、体に負担をかけずにできるか不安でした。
だから、避けたい方法の筆頭になってました(笑)。
(さらにつづく)
痩せたい人はこちらへ | comments (0) | -

減量の話〜ダイエット3

こんにちは、パナ坊やです。

巷で云うところの「やせ薬」
これをふんだんに使って劇的に痩せることを夢見ていた私は
ひとつ大きな間違いを冒していました。

それは「やせ薬」自体にもカロリーがあり、
これを燃焼させる方法も考えなければならないという点。
これを見逃していました。

つまり、「やせ薬」なるものは
効かなかったら効かないで仕方がない、、、で
片付けられるものではなく、効かなかったら、
それ自体が「太り薬」になってしまうのですね。。。

でも、そのことに気づいたのはずっと後になってからです。

そして運命の日が来ました。

生命保険の切り替え最適期を迎え、
保険のおばちゃんから、
現在の契約を維持するか更新するかの問い合わせを受けました。

継続するより更新するほうが当然、現在の状況に添う
保険武装ができるわけで、一も二もなく更新な訳ですが
そうなると当然、医療申告(現在の健康状態の申告)が
必要になります。

「まあ大して悪いところはなかったはずだし大丈夫ですよ」

そう答えながらも、何となく気になって、
夏の健康診断の結果を確認しました。

ががーーーん!!!

2005年7月、体重70キロの時点での健康診断結果は
惨憺たる有様でした。

あれから半年、現在は76キロ。6キロも体重が増えている。
しかも、何ら対策はして来ていません。

ということは、、、
現在の私の健康状態も推して知るべし。
正に後がない、レッドゾーンに踏み入れていたのでした。
(さらにつづく)
痩せたい人はこちらへ | comments (0) | -

本業を辞めない理由

こんにちは。パナ坊やです。

副業がうまく行かない間も、本業の会社は実に順調で、
日常生活に支障を来すようなことは殆どありませんでした。
それが副業を継続する原動力というか支えになっていました。
ただ、副業がうまくいって、本業の支えがなくても立ち行くように
なったら、副業を本業に切り替えて(つまり、今の本業をスッパリ
辞めて)も良いと考えていました。

でも、結果として未だに辞めていません。
よっぽどのことがあれば別ですが、今のところ辞める気はないです。

まあ、理由はイロイロあるのですが、
本業の会社を辞めないでいることには、実は、大きなメリットがあります。
それは、個人の「社会的な信用度を維持できる」というメリットです。

この日本社会。
ずいぶん欧米化が進んだと云われていますが、
個人の生活レベルでは、まだまだその人の社会的な活動、
つまり勤め先であるとか、そこでの地位とか、そういったものが
幅を利かせています。一見何の根拠もなさそうな「修飾語」が
その人の価値、あるいはその家族の価値を決めているような部分が
あるんですね。

「人生の成功」と云うには、事業(あるいは仕事)の成功と
ある程度の社会的信用度が必要だと思うんですが、どうでしょう。
副業を本業にすると、社会的には「丸はだか」になってしまいます。
これはちょっと辛い。
「お金持ち気まま」な生活どころではありません。

もう一つ、
「継続は力なり」と云いますね。

今、副業がうまくいっていることは、
単に「続けてきたから」というだけではもちろんありませんが、
続けていなかったら今はあり得ない訳です。
一つのことを続けるのには、それなりに努力が必要で、
その努力が蓄積されて大きな成果になって表れる。
だとすれば、本業の成果が本業の仕事に表れない(笑)ぶん
副業の方に現れても何の不思議もありませんよね。
お金持ちになろう | - | -

減量の話〜ダイエット2

こんにちは。パナ坊やです。

昨年7月に、とうとう70Kgの大台にのり、
12月には76Kgになってしまった私は、これはマズいと思いました。
と云うのも、実は以前から体重が増えていることは認識していて
何とか痩せようと努力はしていたはずだったからです。

「貧乏ヒマなし」

太り始めたときの私はまさにそんな感じでした。
でも、それは単なる言い訳だったかも知れません。
 ヒマがないから→運動できない
 運動できないから→痩せられない
みたいな自分勝手な理屈で、
端から見れば、減量を最初から諦めているというか、
減量を始める前から失敗したときの言い訳を用意しているような
そんな感じでした。

お金に余裕ができてきたとき、次に考えたのが、楽して痩せること。
そして、ネットで売られている「やせ薬」なるものに
手を出して行ったのでした。
それを使えば痩せられるはずでした。
実際、モニター体験者は結果を出しているというのです。
ひとつの「やせ薬」は自分に合わなくても、別の薬は自分に合って
劇的な変化が訪れるかもしれない、、、そんな幻想を抱いたのでした。

70Kgになった7月から76Kgになった12月までは、
実はこの「やせ薬」作戦をさらに加速させていたのです。
だんだん動くのが億劫になって行く現実とは裏腹に、
気分的には「やせ薬」という夢の薬をふんだんに使えることで
優越感を得ていたのでした。(さらにつづく)
痩せたい人はこちらへ | - | -

減量のお話〜ダイエット

こんにちは。パナ坊やです。
約8ヶ月前、今年の初めですが、
私の昔を知る友人は皆、口を揃えてこう云ったものです。

「それはあかんやろう」

メタボリックシンドロームっていうらしいですね。
昨年の7月、健康診断の結果は、すごく悲惨でした。
身長172cmに体重70Kgなら、さほど肥満ということもないはずなんですが、
総コレステロールもLDL(悪玉)もHDL(善玉)も、標準値を大きく
外れていて、生活習慣病の慢性化一歩手前という有様でした。
ところが悲しいことに、
その事実(7月の時点でそういう数値だったこと)を知ったのは
実は昨年の12月になってからでした。
生命保険の見直し時期に当たり、健康診断の結果が必要になった訳ですが、
そんな悲惨なことになっているとは露ほども知らず、保険屋さんの云うが
ままに、健康診断結果を探しました。そして、悲惨だった事実を知ったのです。
更に云えば、7月の時点で70Kgだった体重が、12月には76Kgに
なっていました。

昔を知る人、
正確には体重50Kg前後を維持していたころしか知らない友人が口を揃えて

「それはあかんやろう」

というのも頷けますね。(つづく)
痩せたい人はこちらへ | - | -

副業成功。そのとき本業はどうする?

こんにちは。パナ坊やです。
もうあと2日で9月も終わりですね。
本業の会社は今、上半期末の処理に追われています。
4-9月が上半期、10-翌年3が下半期。
果てさて上半期の売上は? 利益は?
考えてみれば大勢の人間が集まって、いろんな仕事をしています。
言わばその集大成みたいなものでしょうか。
数字がすべて。数字が出なければ、間の努力は意味を持たない。
そういう生活の中に、実は今も籍を置いています。

「お金持ち気ままな生活」と矛盾してるっていう人もいます。

「お金持ちになったんだったら、気まま生活を楽しめば良いんじゃない?」
「会社であくせく働く必要なんてないじゃん。」
「副業を本業にしてしまえば、もっとお金儲けできるんとちがう?」
そうかもしれないって思うこともあります。

でも、辞める気ないです。
なぜか。
辞めないほうが「お金持ち気ままな生活」ができるからなんです。

この理論っていうか理由、分かりますか? (つづく)
お金持ちになろう | comments (4) | -
1/2 >>